シミの悩み解消で美白美容液選ぶポイント

美白美容液を選ぶときには、目的と肌質の2つのポイントをおさえて選ぶと良いです。
目的というのは、今あるシミの悩みを消したいのか、これからシミが出来るのを予防したいのかということです。美白成分には、シミを消す目的のものと、シミを予防する目的のものがあります。シミを消したいのに予防する美白成分を使ってもあまり効果がありません。そのため目的に合った美白成分を配合したものを選びましょう。

肌質というのは、普通肌(通常肌、健常肌)、乾燥肌、敏感肌、脂性乾燥肌などのことです。それぞれの肌質によっておすすめの美白成分は変わります。乾燥肌や敏感肌の方は、刺激の少ない美白成分を配合した美容液がおすすめです。

今あるシミの悩みにはハイドロキノン

すでに出来てしまったシミに効果的な成分としてハイドロキノンがあります。ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれるほど美白効果の高い成分で、病院の皮膚科などでも処方されています。刺激があるため以前は医師の指導の元でしか使用できませんでしたが、現在では4%以下の濃度なら化粧品に配合することができます。普通肌の方にはハイドロキノンがおすすめです。

敏感肌や乾燥肌などの肌が弱い方は、ハイドロキノンは刺激が強すぎることがあります。刺激が強いと肌が炎症を起こして、メラニン色素が発生しシミの原因となってしまうことがあるので注意が必要です。肌の弱い方はハイドロキノン以外の成分を選ぶか、ハイドロキノン配合でも刺激の弱い化粧品もあるのでそのようなものを選びましょう。最初はトライアルなどでパッチテストしてみるのがおすすめです。

美白美容液 人気ランキング

美白美容液 価格 特徴
ビーグレン
トライアル 1,800円 送料無料 シミの悩みに人気のハイドロキノンは、肌に浸透しにくいという特徴があります。 いくら良い成分でもシミの元であるメラニン色素まで届かなければ意味がありません。
ビーグレンは世界特許になっている独自の浸透テクノロジー「QuSome」で、ハイドロキノンやビタミンCを肌の奥の角質層まで浸透させ、問題の元であるメラニンに直接働きかけます。
リピート率が98.5%と非常に高いことからもその実力がわかります。
ディセンシア サエル
トライアル 1,480円 送料無料 敏感肌・乾燥肌専門ブランドが開発した美白化粧品。
独自の特許技術ヴァイタサイクルヴェールが紫外線や外部刺激を徹底ブロックしシミを予防。
エスクレシドが黒いメラニンを白いチロシンへと巻き戻すので、出来てしまったシミにも働きかける。
アンプルール
トライアル 1,890円 送料無料 出来てしまったシミに良い美白成分として知られるハイドロキノンは、刺激が強く不安定な性質があります。 アンプルール ラグジュアリーホワイトは、安全性が高く肌への刺激が少ない新安定型ハイドロキノンを配合。 角質層へ浸透し、出来てしまったシミのケアとシミが出来るのを予防します。
アスタリフトホワイト
フジフイルム アスタリフトホワイト
トライアル 1,000円 送料無料 保湿やハリにこだわるアスタリフトシリーズの美白コスメ。 フジフイルム独自のナノユニット技術により、ナノAMAと美白有効成分成分(アルブチンとビタミンC誘導体)を肌の奥まで届けます。 AMAとは保湿やエイジングに実績のある成分で、それをナノ化したのがナノAMAです。 シリーズの主成分であるアスタキサンチンと3種類のコラーゲンを配合。
HANAオーガニック
HANA Organic
トライアル 1,480円 送料無料 貴重なダマスクローズを配合した100%天然オーガニックのコスメ。ローズマリーやバイオエコリアによる育菌で美肌菌を増やします。肌の再生力を高め、シミ・くすみを追い出す。国産オーガニックコスメの通販部門売上1位にもなっています。
当サイトで申し込みの多い順に紹介しています

ビーグレンが人気の理由

医学界が認定したテクノロジー

ビーグレンのホワイトケアプログラムにはハイドロキノンが配合されています。 皆さんすでにご存知かと思いますが、ハイドロキノンは美容大国アメリカではシミの悩みに最も使用される成分で、日本でも美容皮膚科などで処方されています。以前は化粧品に配合することはできませんでしたが、今では化粧品として使うことも認められ色々な美白コスメに配合されています。

ハイドロキノンは今ある悩みや過去から続く悩みに働きかけるのは良いのですが、肌に浸透しにくいという性質があります。 人の肌は皮脂(油膜)で覆われていますが、ハイドロキノンは水溶性なので肌に浸透しにくいのです。 いくら良い美白成分でも浸透しなければ効果は出ないですよね。 そのため、多くのハイドロキノン入り化粧品は高濃度に配合するなどしています。 しかし高濃度にしたからといって浸透するものではありません。 それにハイドロキノンは刺激が強いので、高濃度で配合することで肌トラブルも起きやすくなりますし、酸化しやすいので安定性も悪くなります。

ビーグレンは世界特許にもなっている独自の浸透技術「QuSomu」により、上で述べたハイドロキノンの問題点を克服しています。 QuSomu化されたハイドロキノンは皮脂に弾かれること無く肌に浸透し、角質層のメラニンまで届きます。 また、濃度も低く抑えることができるので肌トラブルのリスクも軽減されます。

他にも美白やエイジングケアに良いことで知られる成分にビタミンCがあります。 ビタミンCもハイドロキノンと同様に水溶性で肌に浸透しにくい性質があります。 通常の美白化粧品はビタミンC誘導体にすることで肌に浸透させるのですが、誘導体にすることでビタミンCの効果が低くなります。 ビーグレンはビタミンC誘導にしていません。 ビーグレンはビタミンCをQuSome化することで、ピュアビタミンCを肌の奥の角質層まで浸透させ問題の場所まで届けることができます。

ビーグレンは最初はトライアルセットから始めるようになっています。 ホワイトケアのトライアルセットは本製品換算すると6,422円のものが1,800円で試せるのでとてもお得です。 365日の返金保証付きで、使い終わった後でも満足できなければ返金してもらえるのでノーリスクで試すことができます。 勧誘の電話も一切ないので安心です。 リピート率98.5%という驚きの高さ、一度使ってみればその凄さが実感できると思います。

ビーグレンの詳細はコチラ!

敏感肌の方にはディセンシア サエルがおすすめ

刺激に弱い敏感肌・乾燥肌でも効果が実感できる美白美容液

化粧をする年代の女性の約半数が敏感肌もしくは乾燥肌といわれており、多くの女性が敏感肌・乾燥肌に悩んでいます。 敏感肌と乾燥肌は全く違うもののように思えますが、どちらも本来肌が持つバリア機能が低下している状態であるため、外部刺激に弱い状態の肌となっています。
そのため、乾燥や紫外線などの外部刺激によるダメージで炎症が発生しやすく、シミの元であるメラニンが過剰に生成されます。 これが原因で通常肌よりもシミができやすく、通常の美白ケアをしても美白効果が実感しにくいと言われています。

ディセンシアのサエルシリーズは、特許技術ヴァイタサイクルヴェールで乾燥や紫外線等の外部刺激を徹底ブロックし、シミが作られる原因をシャットアウト。
予防するだけでなく肌のバリア機能を修復する働きもあります。 そのため、今まで美白化粧品を使っても効果を実感しなかったという方に人気が高くなっています。

さらに、独自成分エスクレシドが、黒くなったメラニンを白いチロシンへと巻き戻すので、既に出来てしまった悩みにも対応します。このような理由で敏感肌や乾燥肌の方におすすめの美白美容液です。

ディセンシア サエルの詳細はコチラ!

美白美容液を目的別に選ぶ

シミを消す


シミを消したいなら、シミの元であるメラニンを還元する働きをもつ成分が配合された化粧品が選ぶことをおすすめします。
詳しい情報はコチラ

シミを予防する


シミを予防したいなら、シミの元となるメラニンの生成を抑制する働きのある成分が配合された化粧品を選ぶことをおすすめします。
詳しい情報はコチラ

美白美容液を肌質で選ぶ

通常肌(健常肌)

通常肌なら、配合成分による肌の炎症を気にすることなく、美白効果が高い成分を含む化粧品を選ぶことがおすすめです。
詳しい情報はコチラ

乾燥肌

刺激が弱い乾燥肌の方は、刺激が強い美白成分で肌が炎症してしまう可能性があるので、美白化粧品を選ぶ際には注意が必要です。
詳しい情報はコチラ

敏感肌

敏感肌の方は、低刺激で美白効果が高い化粧品を選ぶことをおすすめします。低刺激でも効果のない化粧品もあるので、選ぶ際には注意が必要です。
詳しい情報はコチラ

美白美容液の選び方でよくある間違い

美白美容液にはいくつかの種類があります。それは大きく分けると、すでにあるシミを薄くするもの、これからシミが出来ないように予防するもの、肌の透明感をアップし明るくするものです。
よくある間違いは、シミを消したいのに、シミを予防するタイプの美白化粧品を使うというものです。予防するタイプのものはこれからシミが出来ないように、メラニンの生成を抑えるものです。これではすでにあるシミを消したいという目的には希望通りの結果が得られにくいです。もちろん全く効果が無いというわけではないでしょうが、時間がかかります。
ですから、シミを消したり薄くしたいという場合には、そのような美白成分の入った美白コスメや化粧水を使います。さらに、肌の弱い方は美白成分の刺激で炎症を起こすこともあるため、乾燥肌や敏感肌の方は低刺激の美白美容液を使用するのが良いでしょう。

シミを作らないためのメラニン対策

出来てしまったシミを解消するのは大変です。シミが出来てしまってから対策するのではなく、シミが作られないように防御する方が効果的です。何をするかというとメラニン対策になります。メラニン色素が出来ないようにUV(日焼け止め)や美容液などでケアをします。
紫外線を浴びると肌を守るためにメラニン色素が作られます。若くて新陳代謝が活発な頃なら肌のターンオーバーで古い角質と一緒にメラニン色素も剥がれ落ちるので、色素沈着せずシミも出来にくいです。しかし加齢や肌トラブルなどでターンオーバーが悪いと、紫外線や外部刺激によってできたメラニン色素が肌に残りシミやくすみの原因となります。20代後半から30代になったら普段からのUVケアを心がけてください。
シミが作られないように普段からUVケアや保湿ケアをするのがおすすめです。保湿を心がけたスキンケアをすることで肌のターンオーバーを促進し、角質層に出来たメラニン色素の排出を促します。そしてUV(日焼け止め)はしっかりと紫外線をブロックを使用します。UVのパッケージを見ると「PA++」や「SPF30」といった表示があるのでこれをチェックします。PAというのはUVA(紫外線A波)をどれぐらい防げるかを表し、SPFというのはUVB(紫外線B波)をどれぐらい防げるかを表します。数字大きいほど、+が多いほど効果が高くなります。だからと言って数字が大きいものや+が多いものを選べば良いかというとそうではありません。効果が高いほど肌への負担も大きくなるので、屋外にいる時間や日差しの強さなどで適切なものを選ぶようにしましょう。

美白対策における保湿の重要性

美肌のためには肌の水分量が重要であることは皆さんもすでにご存知のことでしょう。メラニン対策においても、肌の水分量や潤いは大切なのです。肌の新陳代謝を活発にし、ターンオーバーを正常な状態に保つためには肌が潤った状態でなければいけません。そのため、美白対策としてスキンケアにおける保湿は重要なのです。スキンケアの基本は洗顔ですが、洗顔石鹸も保湿力の高いものがおすすめです。
美白美容液を選ぶ際にも保湿力の高いものが良いです。美白コスメを使って肌が乾燥すると感じる人も多いですが、その場合には刺激が強すぎるものを使っている可能性があります。
刺激の強いものを使うと肌が炎症を起こし、肌のバリア機能が弱まります。肌のバリア機能というのは外部刺激から肌を守るだけでなく、肌の内側から水分が蒸発するのを防ぐ働きもあります。そのバリア機能が弱まると肌が乾燥しやすくなり、乾燥肌や敏感肌になってしまいます。そのようにならないためにも、保湿力の高い美容液を使って肌のバリア機能を正常に保ちましょう。もちろん美容液だけでなく、洗顔石鹸や化粧水なども保湿力の高いものがおすすめです。

美白におすすめの成分

美白化粧品を選ぶときには、どんな美白成分が配合されているのかが重要になります。 まずはその化粧品に含まれている美白成分をチェックしましょう。 美白におすすめの成分として有名なものを紹介します。

ハイドロキノン

肌は老化やホルモンバランスの乱れ、ストレスなどにより肌バリア機能が低下してしまうことがあります。肌バリアは適度な水分量が保持されることで外部刺激などから肌を守り、不要な老廃物を排出し新しい肌への生まれ変わりを促進します。この働きが低下してしまうことで古い角質が肌に残り、それによって不要なメラニン色素が肌内部に残ってしまうことになります。するとシミやくすみ、黒ずみができてしまうことになるのです。メラニン色素は外部刺激の攻撃などによって肌の防御反応として多く分泌される特性があります。それを改善するために良い成分がハイドロキノンです。ハイドロキノンは美白効果が期待できるものです。働きとしてメラニンの排出を促す、そしてメラニンの生成を抑える効果があるのです。また新陳代謝向上にも良い影響を与えるので、肌の生まれ変わり促進も期待できます。医療機関で処方される他、近年では市販されている化粧品などに配合されることが許可されたので身近な存在となっています。

ビタミンC誘導体

ビタミンCは抗酸化作用や美白作用のある成分ですが不安定な物質のため、化粧品などにビタミンCをそのまま配合しても、肌につけた瞬間から酸化が始まってしまい、うまく肌に浸透しないという欠点があります。そこでビタミンCの欠点を補うために人工的に加工されたものがビタミンC誘導体です。 ビタミンC誘導体は皮膚内部に浸透しやすく、皮膚内部に浸透してからビタミンCに変化し、優れた美白効果を持っています。肌は紫外線などの刺激によりメラニンが過剰に作られると、日焼けだけでなくシミやソバカスの原因となることはよく知られていますが、メラニンはチロシナーゼという酵素が色素細胞と結合することで生産されます。ビタミンC誘導体はこのチロシナーゼの働きを阻害する働きがあるため、シミやくすみの予防に効果的です。 また、ビタミンC誘導体の大きな特徴としてメラニン色素の還元機能がありますが、これはすでに生産されたメラニン色素を元に戻す働きをするので、予防だけでなくシミやそばかすの改善効果も期待できます。

アルブチン

アルブチンは、厚生労働省が美白成分があると1989年に承認してから、化粧品に広く取り入れられるようになりました。アルブチンとは、ハイドロキノンと呼ばれる皮膚科で使用されていた美白成分にブドウ糖を結合させたもので、肌への刺激が少なく安定性が高いのが魅力です。メラニンが活性化することによって肌にシミやくすみができてしまいますが、アルブチンを使用することによってメラニンが活性化する時に起こる酵素チロシナーゼを抑えることにシミの生成を抑える効果が期待できます。シミやくすみを出来にくくする効果を出すことが期待できるので、肌の美白につながります。アルブチンは、自然界に存在するコケモモやリンゴンベリー、梨などの天然植物から抽出されたもので、ブドウ糖と結合させることで肌との相性が良くなりました。そのため美白ケアをするときにアルブチンの含まれた化粧品を使用しながら、肌のターンオーバーを促すようにすれば、生まれ変わった肌はシミ1つない美しい肌にすることが期待できます。

トラネキサム酸

美白に有効とされるトラネキサム酸、美白や美肌ブームによりこの成分を含むスキンケア商品やサプリメントが多く販売されるようになりました。 トラネキサム酸に関しては、主に肝斑やシミの改善に効果を発揮することからその治療薬、症状改善薬として薬局などでも購入可能となっています。その働きには抗炎症作用、色素沈着の抑制、止血作用などがあり、のどの傷みや炎症、湿疹などの薬に幅広く使われているのです。副作用についても少なく、比較的安全と言われているため、直接肌にふれるスキンケア化粧品やサプリなどにも使われています。 今まで、シミや肝斑などを改善するのにレーザー治療が一般的でしたが、トラネキサム酸や新陳代謝を促進する成分の研究により自宅でケアできるようになりました。副作用も少なく、シミ、そばかす、肝斑などの色素沈着を抑制する効果がある美白効果が期待されるトラネキサム酸配合の化粧水、美容液、パックなどは手軽にホームケアを行う事ができると人気になっています。

プラセンタ

プラセンタには、たくばく質や糖質、脂質のほかにビタミンやミネラル、酵素などの体を作るために必要な栄養素を含んでいます。 よく、美肌を維持するのにビタミンCの摂取が有効とういうことを聞きます。ビタミンCには、シミやそばかすの元となるメラニンという物質を生成するのを抑止する効果があります。これによって美白を作ることになります。また、プラセンタにはアミノ酸も多く含まれているので、ふっくらとしたハリのある肌を作る効果もあります。また抗酸化作用があるので、老化の原因となる活性酸素の過剰発生を抑制する働きも持っているので若々しい肌を維持することを手助けしてくれることになり、血行促進作用もあるので、全身のすみずみにまで酸素や栄養が行きわたり、肌の新陳代謝を高めてくれてより健康な肌へと導いてくれます。 このように、メラニンの生成を抑えて老化の原因を押さえて、新陳代謝を高めてくれる成分を持つプラセンタには健康的な美白の肌を手に入れる手助けをしてくれるのです。

エラグ酸

エラグ酸はイチゴやブルーベリー等の果物に多く含まれる天然ポリフェノールの一つで、メラニンを黒くさせるチロシナーゼという酵素の働きを抑える、という働きがあるので美白効果があるといわれています。肌が紫外線を受けるとメラノサイトからメラニンがたくさん作られます。しかしそのままではシミにはなりません。チロシナーゼがメラニンに働きかけるとメラニンが黒くなり、肌が黒くなるとということです。 チロシナーゼの働きを絶つことが肌を黒くなりにくくするということになります。この働きをするのがエラグ酸という成分の役目なので美白効果があるといわれています。科学的な成分とは違うため肌への刺激が少なく、肌の弱い人にも安心して使うことが出来ることから安定した人気があります。またシミを予防する効果だけでなく、出来てしまったシミを薄くすることが出来るかもしれないと期待されています。それほど美白効果に対するエラグ酸の役目は高いということです。

化粧品以外でシミを消す方法

シミ解消でお手軽なのは化粧品です。 しかし、濃いシミの場合には化粧品を使ってもあまり効果が見られなかったり、改善するまでに時間がかかることもあります。 そんなときはセルフケアするのではなく、美容クリニックでレーザー治療を受けたり、フェイシャルエステで美白ケアを受けるのが良いでしょう。

美容クリニックでのレーザー治療

美白コスメでセルフケアしても改善されないような濃いシミは最終的には美容クリニックや美容外科などの医療機関でレーザー治療を受けるのが良いでしょう。
レーザー治療は刺激も強く火傷などの肌トラブルが起きるリスクもあります。 レーザー治療を受けるなら腕の良い医療機関へ通うのが良いです。

フェイシャルエステの美白コース

フェイシャルエステの美白コースにはいろいろな種類があります。 フォト美顔(光エステ、フォトフェイシャルなどとも呼ばれる)のような光を用いるケアや、美容成分やマッサージを中心に行うコースなどがあります。
クリニックとエステの大きな違いは、エステでは肌質の改善もできるということです。 クリニックの場合は治療でシミを消したらそれでお終いですが、エステでは保湿ケアなどで肌質の改善も促します。 肌質が変われば、新しくシミが作られにくくなるというメリットがあります。

「美白美容液おすすめランキング|シミの悩み解消で人気は?」について
エイジングや年齢肌の悩みで多いのが、シミやクスミ、シワ、たるみなどです。その中でも特にシミがあると実年齢より老けて見えるので、より深刻な悩みと言えます。美白のために美容液を選ぶなら、シミやくすみといった自分の肌悩みを解消してくれる美白成分が配合されていることが大切になります。イメージだけで美白化粧品を選ぶと失敗することが多々あります。多くの美白化粧品は白いパッケージで、いかにも美白に良さそうに見えます。しかし、そのようなコスメでもシミを薄くしてくれるような成分が入っていないことも多いのです。 美白コスメには、積極的に美白していく攻めのコスメと、シミができないように防御する守りのコスメがあります。肌の本来の色を取り戻すには、攻めの美白美容液を使うことが中心になります。そのような化粧品を選ぶには美白成分を確認しなければいけません。成分で見分けるのはちょっと難しいですね。美白効果が認められている成分を配合しているものは医薬部外品と表示されているもので、そのようなものを選ぶのも良いでしょう。とはいっても医薬部外品だから必ずしも良いとは限りません。最近ではドクターズコスメやサイエンスコスメなど様々なものが登場し、いろいろ調べなければいけないので選ぶのも大変ですよね。医薬部外品でなくても、良い物は存在しますので、当サイトではそのようなものも含めて総合的におすすめの美白美容液を紹介しています。
2017

業界にマンネリはつきものですが、歴史をもつ美白化粧品も同様のことが言えると思います。ところが近頃は、そのマンネリを打破するようなコスメが開発されています。美白と言えば今までは、シミが出来ないように予防したりブロックするものが主でしたが、ハイドロキノンのようにすでに出来てしまったシミに対して適しているような成分を配合したコスメが登場してきました。また、敏感肌は美白が難しいという常識を打ち破ったのがディセンシアのサエルです。公式サイトでは、判りやすさ重視なのかもしれませんが様々なデータが紹介されており、美白コスメを選ぶ際には成分などを確認すると良いでしょう。 美白化粧品はラインで使ったほうが良いのか、それとも単体で使っても良いのか疑問に思うこともあります。ラインで使うことでそれぞれが協力してより良い効果を発揮することも考えられます。大手の化粧品メーカーがプライドを掛けて開発しているので、ラインで揃えるとちょっと予算がオーバーしてしまうこともあります。そんなときは、目的のものをピンポイントで使ってもよいと思います。自分のお財布の中身とのトレードオフを考慮して、バランス良く選択しましょう。母親、姉妹、友達などにちょっと貸してもらって試すのもおすすめです。それで満足できたら実際に購入すれば失敗も減ります。

美白美容液を使ってケアしても思うようなしみ解消効果が実感できないことがあるかと思います。美白美容液には、目的や肌質に合うもの、合わないものがあるので、誤って選んでしまうと美白効果も半減してしまいます。シミを消したいのか、シミを予防したいのかといった目的に合い、かつ、肌質に合うものを選び美白ケアすることで、しみ解消効果を実感することができます。これらについて分かりやすく解説します。